一戸建て住宅が欲しい

理想の間取りとは?

一戸建て住宅を購入する際の楽しみの一つが間取りを考えることです。どんな間取りを意識すれば住みやすい家にできるでしょうか。気をつけるべきポイントをしっかり押さえて理想の間取りをじっくり考えましょう。

一戸建て住宅を購入する時は外や家の中の音や水回り、収納スペースを意識してください。家を購入した際起きるトラブルの1位は生活音に関する問題なので特にチェックが必要です。水周りと寝室、子供部屋とリビングを上下隣に配置しない、家事の負担が減る間取りを考えましょう。

一戸建て住宅の場合は収納率10%前後が望ましいです。あまり収納スペースを作ると、住居スペースが狭くなる、モノが捨てづらいなどデメリットが発生します。現状の荷物を把握する、いらない荷物は捨てる、新しい家ではどこに何を置くのか決めておくとモノを増やしすぎることなく快適に過ごせます。

住宅展示場、完成見学会に参加すると一戸建て住宅の間取りがイメージしやすいです。住宅展示場は各メーカーの最高の技術や製品を結集して作っているので値段は高いです。一般の人にはあまり参考にならないかもしれないので、実際に建てた一戸建て住宅が見られる完成見学会の方が現実的です。いくつかの家を見て理想の間取りについてご家族で話し合いましょう。